Lybra:通過する自動車の重量で発電する装置

Home / News & Press Archive / Lybra:通過する自動車の重量で発電する装置

Lybra:通過する自動車の重量で発電する装置

このエコロジーな発電装置は、イタリアのスタートアップ企業が開発しているもので、6月には最初のテストがミラノで行われるという。もし環状道路の料金所に設置されれば、CO2を120t節約できるだろう。

TEXT BY SILVIO GULIZIA

TRANSLATION BY TAKESHI OTOSHI

WIRED NEWS (ITALIAN)

 

想像してみてほしい。毎日ミラノ環状道路のミラノ南料金所のTELEPASS(無線式料金収受システム)を通過する40万台の自動車が、その重量でギアを回転させることで、電力を生み出すことができる。

この装置は、高さ12cmの人工のこぶで、アスファルトの下に設置することができる。これを10台用いれば、ミラノ市民がクルマを運転するだけで600万kWhの電力を発電して(約65万ユーロに相当する)、年間120tのCO2を削減し、地球環境の改善に貢献することができるだろう。

このLybra(ラテン語で「天秤」の意)と名づけられている魔法のこぶは、すでに存在している。開発しているのはイタリアのスタートアップ企業、Underground Powerのチームで、6月にある国際的な大企業のミラノ拠点の内部で、何千人もの従業員とともに、最初の設備をテストするだろう。

このこぶをつくるには1個につき7,000ユーロかかる。しかし、1つの設備に少なくとも10個置くことを想定しており、設備1つに約10万ユーロの投資が必要となる。しかしこのシステムは年間10万kWhの電力を発電できるので、費用は6年で回収可能という。テストする企業の名前は言うことができないと、CEOのアンドレア・ピリージはわたしたちに説明した。

彼の会社は、彼と同僚たちがミラノ工科大学で2008年から研究していた、海のブイについての博士課程のプロジェクトを応用するために設立された。

──海のブイから人工のこぶへとどうやってたどり着いたのですか?

わたしは学位を取得したあとで、珊瑚礁の監視を任務とする研究プロジェクトに加わって博士課程の研究を始めました。必要なパラメーターはブイによって記録されますが、電力は太陽光発電で供給されていました。しかし、これでは不十分でした。そこでわたしたちは、波の動きをうまく電力に変換してブイのために利用する方法を研究していました。

最初はバイオテク・ヴェンチャーキャピタルの「Sofinnova Ventures」がわたしたちのプロジェクトに関心を示してくれましたが、成功を確信できなかったようです。そのため、わたしたちはプランBを開始しました。自動車がこぶを通過するときの圧迫によって生じる動きを利用するというものでした。

──それにSofinnovaから投資してもらったのですか?

いいえ。というのも彼らの目には、短期間で利益を生み出す可能性があるように見えなかったからです。彼らの目的にかなうプロジェクトはいくつも列をなして待っています。しかし彼らは、わたしたちがこの世界のさまざまな企業とコンタクトを取るのを助けてくれました。

2010年に、わたしたちは2つのビジネスプラン・コンペティションに合格しました。それぞれトレント県とモンツァ県が開いたものです。こうしてプロジェクトの資金6万ユーロを集め、さらに昨年のスタートアップ・アクセレラレーター「Mind the Bridge」のセレクションのおかげもあって、事業を立ち上げることができました。

──現在はどんなことをしていますか?

クリーンなテクノロジーとハードウェアを扱っているので、わたしたちに投資することにはリスクがあります。たくさんの資金が必要となるからです。わたしたちのテクノロジーに関心を示しているクライアントは6つありますが、わたしたちは6月のパイロット試験を待つように頼みました。こうすることで、彼らがわたしたちを信頼することができるために必要な数字を示すことができます。

資金面から言うと、わたしたちは交渉を中断しました。そして会社を拡大し、わたしたちを信頼する企業や投資家に参加してもらい、新たに30万ユーロの資本を投じました。

──ビジネスの計画はどのようなものですか?

わたしたちは、技術面での細部を詰める作業をしていて、今年の終わりまでに10台程度の設備を製作できるよう目指しています。600万ユーロの投資で、15年までに1,800万ユーロの売り上げを目標にしています。わたしたちは今年9月にロンドンに、14年にアメリカに拠点を開設しようと計画しています。

──競争相手はいますか?

世界にはほかにイスラエル、アメリカ、カナダ、フランスに6つの競合する企業があります。しかしまだどこも市場に設備を売り出してはいないし、どこもわたしたちのものほど邪魔にならないシステムをつくっていません。わたしたちのものは問題なく道路に置くことができますが、ほかはどうしても道路に埋める必要があるでしょう。わたしたちにそれが可能だったのは、最初から力学的エネルギーをその場で電力に変換する研究をしてきたからです。

──この市場はどのくらいの規模でしょうか?

ヨーロッパだけでも、将来的には約210億ユーロになると推測しています。

──高速道路にこれを設置する利点は評価してみましたか?

いいえ。というのも、いまのところ高速道路の交通が相手では、製品が長もちしそうにないからです。

via Lybra:通過する自動車の重量で発電する装置 « WIRED.jp.